2007年11月30日

「女体アルファベット」は著作権侵害、ルイ・ヴィトンが遺憾の意を表明




 ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)が、コラボレートしていたアーティストのヴァネッサ・ビークロフト(Vanessa Beecroft)が、オランダ人グラフィック・デザイナー、アントン・ベイク(Anthon Beeke)氏の作品の著作権を侵害していたとして遺憾の意を表明しました。
 
 問題となったのは、ルイ・ヴィトンが05年にビークロフトとコラボレートした、裸の女性を並べて描いたアルファベットのシリーズ。この作品が、ベイク氏が1970年に発表した「ネイキッド・レディース・アルファベット(Naked Ladies Alphabet)」と酷似しているとの指摘がありました。ビークロフトは、今年9月にもこのアルファベット・ロゴを表紙に据えた作品集「VBLN」を出版していました。


 アントン・ベイクの女体アルファベットとヴァネッサ・ビークロフトの女体アルファベットとを比べてみたのが、下の画像です。


aB_alphabet_02_R_03.jpg 
ヴァネッサ・ビークロフトによる2005年に発表されたルイ・ヴィトンとのコラボ作品


aB_alphabet_02_R_02.jpg 
「Naked Ladies Alphabet」アントン・ビークによる1970年の作品


 確かに酷似しています。モデルの配置は全く同じです。

 ビークロフトは自身のウェブサイト上で、彼女の作品は古い雑誌からインスパイアされたもので「アーティストとして、決してベイク氏と自分の作品の間に混乱を起こすことを意図したわけではない」とコメントしています。

 自分が製作しようとしている作品のためのインスピレーションを、同ジャンルの中にある対象から得ようとすると、どうしても影響を受けやすくなり、無意識的であれ意識的であれパクッてしまうことって多いのかもしれません。


Chacott FallWinter Collection 2007

チャコット秋冬コレクション2007

クリスマス 送料無料

クリスマスプレゼントキャンペーン!

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

  
 

posted by リメ at 01:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。