2007年12月09日

巨大ダイヤの原石「レソト・プロミス」から誕生したペアシェイプカットダイヤの輝き

blockquote>

アフリカ南部レソト王国で発見された603カラットの巨大ダイヤモンドの原石「レソト・プロミス(Lesotho Promise)」をカットした、76.41カラットのダイヤが6日、公開されました。

「レソト・プロミス」は史上15番目に大きいダイヤの原石で、2006年10月にアントワープにて競売にかけられ、1236万ドル(約14億5000万円)で落札されました。


The_Lesotho_Promise_Safdico2006.jpg ←これが、「レソト・プロミス」の原石です。


ところで、「レソト・プロミス」は史上15番目の大きさのダイヤですが、その上をさらにもっといく史上最大のダイヤ原石は、1905年南アフリカで発見された「カリナン(The Cullinan)」です。

「カリナン」の重量は3,106カラットもありました。なんと「レソト・プロミス」の約5倍の重さですね!大きさも大人の握り拳ほどの大きさですから、相当の大きさなのが分かります。

 その「カリナン」からカットされた最大のダイヤは「カリナンI世(The Cullinan I)」または「アフリカの星(the Star of Africa)」と呼ばれている530.20カラットもあるペアシェイプカットのダイヤです。

starofafrica2.jpg 「カリナンI世(アフリカの星)」

↑わっ!本当にデカイ!一番上の画像「レソト・プロミス」のカットダイヤと比べるとその大きさの違いがよくわかりますね。



そして「カリナンI世(アフリカの星)」は、王笏(Royal Scepter)のトップに飾られていて、イギリス王室が所有するクラウン・ジュエルとして、ロンドン塔で永久展示されています。
starofafrica1.jpg ←「カリナンT世(アフリカの星)」の王笏


ちなみに同じ原石「カリナン」からカットされた「カリナンU世(317.40カラット)」は、エリザベス女王が戴冠式で使用した王冠に飾られています。
cullinan_II_crown_-137x182.jpg ←「カリナンU世」がセッティングされた王冠 






ソニーを買うとき良いことおこる!カード利用で年会費無料のSony Card

ソニースタイルでお買物すると3%OFFになるカード!

Sony Card(ソニーファイナンス)


ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by リメ at 04:20| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。