2007年12月20日

J.K.ローリングの手書きの新作を落札したのは米アマゾン!



「ハリー・ポッター(Harry Potter)」シリーズの作者J・K・ローリング(J.K. Rowling)が同シリーズの終了後初めて執筆した手書きの著書本が、13日のオークションで高額で落札されましたが、落札したのは米アマゾン(Amazon)だったことが明らかになりました。14日、同社が発表しました。

 『The Tales of Beedle the Bard(吟遊詩人ビードルの物語)(約160ページ)』と題された同著は、競売会社サザビーズ(Sotheby’s)が13日にロンドン(London)で主催したオークションで、予想落札額の40倍に当たる195万ポンド(約4億5000万円)で落札されました。

 オークションの収益は欧州の子どもたちを支援する慈善事業「The Children’s Voice」に寄付されます。

 アマゾンはホームページ上に、同著の写真と論評を掲載。創業者でもあるジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)CEOは、「ローリングは慈善事業を立ち上げる前から、現代の人間、特に子どもたちに対して本がどのような役割を果たすかという概念の幅を広げるという貴重な貢献をしてくれた」とのコメントを載せました。
 
 詳しくはこちらAmazon.co.jp のHPをご覧ください。↓
 「Amazon.co.jp よりJ.K.ローリングさんへ感謝をこめて」

  

 落札者はアマゾンだったのですね。 「あ〜、やっぱり!」と思えて、なんだか納得できます。
 
 また、アマゾンは、上記のHPで、落札されたこの本について細かく紹介してくれているので、ハリポタファンにとってはとっても嬉しいことです。(ただし5つのおとぎ話のレビューは英語です..。かな〜り長いレビューなので、英和辞書と首っ引きになることでしょう。ふらふら)アマゾンは、このオークションで慈善事業にも貢献しているので、好感度がかなりアップすることでしょう。
 
 そのHPによれば、今後は、それぞれのおとぎ話の書評と画像を紹介してくれるそうです。(Amazon.co.jpのHPなので、「日本語で」ということだと私は理解してます。わーい(嬉しい顔))この本のおとぎ話は全部で5つあり、そのうち1つは、「ハリー・ポッター」シリーズ最終巻「ハリー・ポッターと死の秘宝(Harry Potter And The Deathly Hallows)」に登場しています。そしてこの本を手に取った人以外はまだ読まれていない残りの4つのおとぎ話の書評もとっても楽しみです。わーい(嬉しい顔)

 とはいっても、やっぱり復刻本をじっくり読みたいですよね!

 ローリングさま!アマゾンさま!どうかこの本を復刻本としていつか出版してください〜。



【伊勢丹】2008お年玉袋

【伊勢丹】お年玉袋2008


ブログランキング・にほんブログ村へ






 
posted by リメ at 01:11| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。