2008年01月14日

第65回ゴールデングローブ賞は、授賞式中止のため記者会見で発表という異例の事態!



米アカデミー賞(Academy Awards)の前哨戦となる第65回ゴールデングローブ賞( 65th Annual Golden Globe Awards)が13日、米ロサンゼルス(Los Angels)で発表され、英国の恋愛映画『つぐない(Atonement)』がドラマ映画部門の作品賞に輝きました。

例年行われている授賞式は、脚本化組合のストを支持する俳優組合が欠席の意向を示したことから、主催するハリウッド外国人映画記者協会(Holywod Foreign Press Association)が中止を決定し、各賞はホテルでの記者会見で発表されるという異例の事態となりました。

『つぐない』は、イアン・マキューアン(Ian McEwan)のベストセラー小説『贖罪』を映画化した作品で、音楽賞も獲得する2冠となりました。しかし主要各賞は『つぐない』を含め4作品が均等に2つずつ分け合う形となったことから、2月24日に発表されるアカデミー賞の行方はまだ見えてきません。

今度のアカデミー賞こそは、授賞式をぜひ実施してほしいですね!


主要部門の受賞結果は以下の通り。


■作品賞(ドラマ部門)
『つぐない(Atonement)』

■主演女優賞(ドラマ部門)
ジュリー・クリスティ(Julie Christie)―『Away From Her』

■主演男優賞(ドラマ部門)
ダニエル・デイ・ルイス(Daniel Day-Lewis)―『There Will Be Blood』

■作品賞(ミュージカル・コメディ部門)
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street)』

■主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
マリオン・コティヤール(Marion Cotillard)―『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜(La Vie En Rose)』

■主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)
ジョニー・デップ(Johnny Depp)―『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』

■助演女優賞
ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)―『I’m not there』

■助演男優賞
ハビエル・バルデム(Javier Bardem)―『ノーカントリー(No Country For Old Men)』

■アニメ映画賞
『レミーのおいしいレストラン(Ratatouille)』

■外国語映画賞
『潜水服は蝶の夢を見る(The Diving Bell And The Butterfly)』(フランス/米国)

■監督賞
ジュリアン・シュナベール(Julian Schnabel)―『潜水服は蝶の夢を見る』

■脚本賞
イーサン・コーエン(Ethan Coen)、ジョエル・コーエン(Joel Coen)―『ノーカントリー』



授賞式の中止により、正装した俳優さんもドレスアップした女優さんもレッド・カーペットもないなんて、とても寂しすぎますヨ。もうやだ〜(悲しい顔)



         L9593_9993_main.jpg 
バービー「今回は寂しい発表になってしまってとても残念ね。景気づけに、私、バービーがハリウッド女優を代表してドレスをお披露目するわね。バッジェリー・ミシュカのデザインよ!るんるんるんるん


授賞式用のドレスをお披露目できたのは、バービーだけだったようです。




ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
新着ワイン、おすすめワイン・今月の6本組


にほんブログ村 ファッションブログ セレブ系へ












posted by リメ at 23:52| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

今年は日英間の芸術等イベント「UK-Japan 2008」の年! 今月上映の映画「アース」と「フローズン・タイム」をご紹介!

          UKJAPAN08ロゴ.gif        

今月から「UK-Japan 2008」が始まります!

「UK-Japan 2008」とは、2008年1月から12月に開催される様々な公認イベントや活動を通じて、芸術、科学技術、クリエイティブ産業の分野で創造性あふれる現代の英国をご紹介するとともに、日英間のコラボレーションの活性化と両国のさらなる発展をめざす催しです。

駐日英国大使館とブリティッシュ・カウンシルがUK-Japan 2008実行委員会として主催しています。

「UK-Japan 2008」公式HP



毎月、映画、美術、音楽や演劇等の楽しいイベントが盛り沢山です。


例えば映画分野では、今月は「アース」と「フローズン・タイム」が上映されます。



「アース」

     アース.jpg

1月12日(土)に上映される「アース」は、「ディープ・ブルー」、「プラネットアース」のスタッフが、製作年数5年、撮影日数4500日もかけ、そして撮影地世界200ヶ所以上で撮影したドキュメンタリー史上最大規模の映像プロジェクトです。
映画「アース」についての詳細情報はコチラ!


「フローズン・タイム」

     フローズンタイム.jpg

1月26日(土)から上映される英国ファッション界で活躍する写真家ショーン・エリス監督が描くロマンチックなラブストーリー。
映画「フローズン・タイム」についての詳細情報はコチラ!



「アース」が今週土曜日から上映されるので、近々娘と一緒に観にいく予定です。きっと「アース」の映像のスケールの大きさに圧倒されることでしょう。がく〜(落胆した顔) そして涙腺もゆるくなるかも・・・もうやだ〜(悲しい顔) 
楽しみです。るんるんるんるん



MoMAstore
MoMA




ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by リメ at 20:19| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

[予告編]ドキュメンタリー映画『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』(試写会プレゼントあり)



世界一有名な女流写真家アニー・リーボヴィッツの半生を描き出すドキュメンタリー映画『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』が、08年2月から東京・渋谷の「シネマGAGA!」などで上映されます。

公開に先駈け、予告編をチェック!上のニュースをクリックすると予告編が観られます。

試写会プレゼントもありますヨ!応募締切は12月28日(金)正午まで。
試写会の申し込みはコチラ!ここをクリックしてね!



Swatch FallWinter Collection 2006

ステンレスやシリコンを使用した高品質な素材とデザインのジュエリー!

Swatch e-store(PC)

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by リメ at 21:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

英国歴史映画だけどマンパワーは国際的。

 第2回ローマ国際映画祭2日目に、「エリザベス」の続編「Elizabeth: The Golden Age」のプレミア上映会が開催されました。
 
 前作と同様、監督はインド出身のシェーカル・カプール、主役はオーストラリア出身のケイト・ブランシェット、そして重要な脇役のジェフリー・ラッシュもオーストラリア人と、マンパワーは実に国際的です。
 「エリザベス」が公開された10年ほど前はこの人的グローバル化がずいぶん話題になっていましたが、今ではあらゆるところでグローバル化が進み、当たり前になり、世界的な晴れ舞台で多くの日本人が注目を浴びることも多くなりましたね。本当に素晴らしいことです。
 
 ところで、ジェフリー・ラッシュは、メル・ギブソンと大学時代のルームメイトだったそうです。その頃の縁が、お互いにいい影響を与え合い、今の彼らがあるのかも知れません。お互いに向上し合えるステキな友人がいる人は本当に幸せですね。

「Elizabeth: The Golden Age」海外公式HP


↑ケイトのドレスがレッド・カーペットに映え、色白の彼女がひときわ美しく輝いて見えます!映画でのゴージャスな衣装の鑑賞もとても楽しみです。早く日本で公開されないかな。

【かづきれいこ】ナチュラルで上品、だけどインパクトのある元気な顔に

★新着アイテムはここで逃さずチェック!

人気のブライカからオトクなトライアルキットが登場★


↓よかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
posted by リメ at 18:27| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

『ディスタービア』試写会ご招待

ブログに映画に関連する記事を投稿するとオリジナルグッズをプレゼント!詳しくはコチラ
posted by リメ at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。