2007年12月20日

J.K.ローリングの手書きの新作を落札したのは米アマゾン!



「ハリー・ポッター(Harry Potter)」シリーズの作者J・K・ローリング(J.K. Rowling)が同シリーズの終了後初めて執筆した手書きの著書本が、13日のオークションで高額で落札されましたが、落札したのは米アマゾン(Amazon)だったことが明らかになりました。14日、同社が発表しました。

 『The Tales of Beedle the Bard(吟遊詩人ビードルの物語)(約160ページ)』と題された同著は、競売会社サザビーズ(Sotheby’s)が13日にロンドン(London)で主催したオークションで、予想落札額の40倍に当たる195万ポンド(約4億5000万円)で落札されました。

 オークションの収益は欧州の子どもたちを支援する慈善事業「The Children’s Voice」に寄付されます。

 アマゾンはホームページ上に、同著の写真と論評を掲載。創業者でもあるジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)CEOは、「ローリングは慈善事業を立ち上げる前から、現代の人間、特に子どもたちに対して本がどのような役割を果たすかという概念の幅を広げるという貴重な貢献をしてくれた」とのコメントを載せました。
 
 詳しくはこちらAmazon.co.jp のHPをご覧ください。↓
 「Amazon.co.jp よりJ.K.ローリングさんへ感謝をこめて」

  

 落札者はアマゾンだったのですね。 「あ〜、やっぱり!」と思えて、なんだか納得できます。
 
 また、アマゾンは、上記のHPで、落札されたこの本について細かく紹介してくれているので、ハリポタファンにとってはとっても嬉しいことです。(ただし5つのおとぎ話のレビューは英語です..。かな〜り長いレビューなので、英和辞書と首っ引きになることでしょう。ふらふら)アマゾンは、このオークションで慈善事業にも貢献しているので、好感度がかなりアップすることでしょう。
 
 そのHPによれば、今後は、それぞれのおとぎ話の書評と画像を紹介してくれるそうです。(Amazon.co.jpのHPなので、「日本語で」ということだと私は理解してます。わーい(嬉しい顔))この本のおとぎ話は全部で5つあり、そのうち1つは、「ハリー・ポッター」シリーズ最終巻「ハリー・ポッターと死の秘宝(Harry Potter And The Deathly Hallows)」に登場しています。そしてこの本を手に取った人以外はまだ読まれていない残りの4つのおとぎ話の書評もとっても楽しみです。わーい(嬉しい顔)

 とはいっても、やっぱり復刻本をじっくり読みたいですよね!

 ローリングさま!アマゾンさま!どうかこの本を復刻本としていつか出版してください〜。



【伊勢丹】2008お年玉袋

【伊勢丹】お年玉袋2008


ブログランキング・にほんブログ村へ






 
posted by リメ at 01:11| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

7冊しかないJ.K.ローリングの新作のうち1冊が競売で約4億5000万円落札


「ハリー・ポッター(Harry Potter)」シリーズの作者J・K・ローリング(J.K. Rowling)が、同シリーズの終了後初めて執筆した手書きの著書が13日、ロンドン(London)の大手競売会社サザビーズでオークションに出品され、195万ポンド(約4億5000万円)で落札されました。落札者はロンドンの美術商。同社によると20世紀以降の現代作家の手書き作品としては史上最高額だそうです。

この著書は「The Tales Of Beedle The Bard(吟遊詩人ビードルの物語)」(約160ページ)と題されたおとぎ話集で、7冊のみ限定制作されました。7冊とも半透明のベラム紙にローリングが手で書きイラストをつけたもので、カバーは皮製でシルバーと月長石で飾られています。


     20071214-00000008-jijp-int-thum1-0001.jpg  

     CNN200712140007.jpg    
  


7冊のうち6冊はハリー・ポッターの著書に関わった6人に贈られ、残る1冊のみが今回のオークションに出品されました。

収録されているのは、5つの魔法使いの物語。この物語は、「ハリー・ポッター」シリーズ最終巻「ハリー・ポッターと死の秘宝(Harry Potter And The Deathly Hallows)」の中で、魔法学校のアルバス・ダンブルドア(Albus Dumbledore)校長がポッターの友人であるハーマイオニー・グレンジャー(Hermione Granger)に残したものです。物語のうちの1つは最終巻にも登場するのですが、残りの4つは今回初めて披露されたもの。

オークションの収益は欧州の子どもたちを支援する慈善団体「The Children's Voice」に寄付されます。

7冊しか製作されていないこのおとぎ話集、世界中のハリー・ポッターファンならだれもがみんな読みたいと思っていることでしょう。

ローリングは今回の競売で著作権までは売らなかったようですから、いずれは彼女の権利でその復刻本を発行する計画があるのかもしれませんね。本当に近い将来に実現できるといいですね。

そして2008年7月に発行される最終章「ハリー・ポッターと死の秘宝」の翻訳本も楽しみです。わーい(嬉しい顔)



SEMPRE.JPでアクセサリを探す

SEMPRE.JPで時計を探す

センプレ


ブログランキング・にほんブログ村へ




posted by リメ at 23:20| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

[予告編]ドキュメンタリー映画『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』(試写会プレゼントあり)



世界一有名な女流写真家アニー・リーボヴィッツの半生を描き出すドキュメンタリー映画『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』が、08年2月から東京・渋谷の「シネマGAGA!」などで上映されます。

公開に先駈け、予告編をチェック!上のニュースをクリックすると予告編が観られます。

試写会プレゼントもありますヨ!応募締切は12月28日(金)正午まで。
試写会の申し込みはコチラ!ここをクリックしてね!



Swatch FallWinter Collection 2006

ステンレスやシリコンを使用した高品質な素材とデザインのジュエリー!

Swatch e-store(PC)

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by リメ at 21:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画】クリスチャン・ラクロワがキュレーターとなって初の展覧会を開く!






フランス・パリの装飾美術館(Arts Decoratifs museum)で、メゾン創立20周年を迎えたクリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix)がキュレーションを行った展示会「Christian Lacroix, Histoires de Mode」が開かれています。開催期間は07年11月8日から08年4月20日まで。

 パリで最も有名なデザイナーの一人であるクリスチャン・ラクロワの子供のころからの夢はデザイナーではなく「博物館の学芸員になること」でしたが、難関の学芸員試験に合格できず、学芸員になることを諦めてしまいました。

 しかし今回、遂にその夢が実現しました。ラクロワはこの1年間、ルーブル(Louvre)美術館の隣にある装飾美術館(Decorative Arts Museum)で毎週金曜日の午前中を過ごし、館内の約8万点の所蔵品の中から、彼の心に響くものを一点一点選んでいました。

 会場には、18世紀から現代までに制作されたコート、ケープ、帽子など400点と、ラクロワが過去にオートクチュール・コレクションで発表したドレスなど90点が展示されています。

 南フランスのアルル出身のラクロワらしいセレクトですね。わーい(嬉しい顔)
 彼自身がデザインした衣装は、色鮮やかでスカートがふんわり膨らんでいて、スペインの影響が強いアルル風のデザインの衣装が多いですよね。かわいいかわいい

デザイン家電Sharper Image Online Shop

デザイン家電 Sharper Image Online Shop(シャーパーイメージ) 
  
 
 
posted by リメ at 01:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

巨大ダイヤの原石「レソト・プロミス」から誕生したペアシェイプカットダイヤの輝き

blockquote>

アフリカ南部レソト王国で発見された603カラットの巨大ダイヤモンドの原石「レソト・プロミス(Lesotho Promise)」をカットした、76.41カラットのダイヤが6日、公開されました。

「レソト・プロミス」は史上15番目に大きいダイヤの原石で、2006年10月にアントワープにて競売にかけられ、1236万ドル(約14億5000万円)で落札されました。


The_Lesotho_Promise_Safdico2006.jpg ←これが、「レソト・プロミス」の原石です。


ところで、「レソト・プロミス」は史上15番目の大きさのダイヤですが、その上をさらにもっといく史上最大のダイヤ原石は、1905年南アフリカで発見された「カリナン(The Cullinan)」です。

「カリナン」の重量は3,106カラットもありました。なんと「レソト・プロミス」の約5倍の重さですね!大きさも大人の握り拳ほどの大きさですから、相当の大きさなのが分かります。

 その「カリナン」からカットされた最大のダイヤは「カリナンI世(The Cullinan I)」または「アフリカの星(the Star of Africa)」と呼ばれている530.20カラットもあるペアシェイプカットのダイヤです。

starofafrica2.jpg 「カリナンI世(アフリカの星)」

↑わっ!本当にデカイ!一番上の画像「レソト・プロミス」のカットダイヤと比べるとその大きさの違いがよくわかりますね。



そして「カリナンI世(アフリカの星)」は、王笏(Royal Scepter)のトップに飾られていて、イギリス王室が所有するクラウン・ジュエルとして、ロンドン塔で永久展示されています。
starofafrica1.jpg ←「カリナンT世(アフリカの星)」の王笏


ちなみに同じ原石「カリナン」からカットされた「カリナンU世(317.40カラット)」は、エリザベス女王が戴冠式で使用した王冠に飾られています。
cullinan_II_crown_-137x182.jpg ←「カリナンU世」がセッティングされた王冠 






ソニーを買うとき良いことおこる!カード利用で年会費無料のSony Card

ソニースタイルでお買物すると3%OFFになるカード!

Sony Card(ソニーファイナンス)


ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by リメ at 04:20| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

コクチョウPetraちゃんのスワンボートへの切なくて一途な恋!



ドイツ北西部ミュンスターのアー湖で5日、ハクチョウの形をした2人乗りボートに「恋をした」として有名なコクチョウ(黒鳥)のPetraが、越冬のためそのボートと共に近くの動物園に移されました。

 Petraちゃんは2006年春、スワンボートに恋をし、昨冬、動物園で過ごす間もボートから片時も離れませんでした。ハートたち(複数ハート)

 この動物園の取り計らいは、なんて粋なのでしょう!
 Petraちゃんもほんとにシアワセものですね!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
 

 そして私も、Petraちゃんの切なくて純粋で一途な恋に、久々に胸キュンしましたよ。揺れるハート

 Petraちゃん、ノッポさんの彼とお幸せに!わーい(嬉しい顔)



YM《セゾン》カードローン




ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by リメ at 01:20| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 面白モノ&ほのぼのモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

ロスチャイルド家の宝−ファベルジェのイースターエッグ、20億円で落札

a>


ロスチャイルド家が所有していたファベルジェの宝飾品「イースターエッグ」が28日、ロンドンで行われたクリスティーズのオークションに出品され、約898万500ポンド(約20億5500万円)で落札されました。

 このイースターエッグは1902年にロスチャイルド家のために製作された作品で、最近新たに発見されたものです。精巧な機械仕掛けの時計になっていて、毎時、卵の上部からダイヤモンドで飾られたおんどりが飛び出し、羽を広げ首を振りくちばしを開閉して鳴く仕掛けになっています。このような時計と機械仕掛けを施したイースターエッグは今回落札されたものを含め3つしか知られていないそうです。

 帝政ロシア時代の宝石商ファベルジェはロシア皇室のため50個のイースターエッグを手掛けたことで有名ですが、民間の顧客のために作った作品で知られているのは12個しかないそうです。

   ファベルジェの美しい卵が勢ぞろいです!←クリックしてみてください。どれも素晴らしくて、必見の価値ありです!

   ↓これらもファベルジェの作品の一部です。 
   chapter_banner_lilies.jpg 「THE LILIES OF THE VALLEY EGG」

   chapter_banner_renassaince.jpg 「THE RENAISSANCE EGG」

  


クリスマス・フラワーギフト【日比谷花壇】

日比谷花壇 クリスマス フラワーギフト

12月27日24時締め切り。元日届けのお花【日比谷花壇】



ブログランキング・にほんブログ村へ


 

posted by リメ at 00:41| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | 芸術・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

「女体アルファベット」は著作権侵害、ルイ・ヴィトンが遺憾の意を表明




 ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)が、コラボレートしていたアーティストのヴァネッサ・ビークロフト(Vanessa Beecroft)が、オランダ人グラフィック・デザイナー、アントン・ベイク(Anthon Beeke)氏の作品の著作権を侵害していたとして遺憾の意を表明しました。
 
 問題となったのは、ルイ・ヴィトンが05年にビークロフトとコラボレートした、裸の女性を並べて描いたアルファベットのシリーズ。この作品が、ベイク氏が1970年に発表した「ネイキッド・レディース・アルファベット(Naked Ladies Alphabet)」と酷似しているとの指摘がありました。ビークロフトは、今年9月にもこのアルファベット・ロゴを表紙に据えた作品集「VBLN」を出版していました。


 アントン・ベイクの女体アルファベットとヴァネッサ・ビークロフトの女体アルファベットとを比べてみたのが、下の画像です。


aB_alphabet_02_R_03.jpg 
ヴァネッサ・ビークロフトによる2005年に発表されたルイ・ヴィトンとのコラボ作品


aB_alphabet_02_R_02.jpg 
「Naked Ladies Alphabet」アントン・ビークによる1970年の作品


 確かに酷似しています。モデルの配置は全く同じです。

 ビークロフトは自身のウェブサイト上で、彼女の作品は古い雑誌からインスパイアされたもので「アーティストとして、決してベイク氏と自分の作品の間に混乱を起こすことを意図したわけではない」とコメントしています。

 自分が製作しようとしている作品のためのインスピレーションを、同ジャンルの中にある対象から得ようとすると、どうしても影響を受けやすくなり、無意識的であれ意識的であれパクッてしまうことって多いのかもしれません。


Chacott FallWinter Collection 2007

チャコット秋冬コレクション2007

クリスマス 送料無料

クリスマスプレゼントキャンペーン!

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

  
 

posted by リメ at 01:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

か・・可愛い!エルドラドの伝説にまつわる金細工コレクション!



 可愛い〜!と思わずつぶやいてしまいました!
 とっても小さくて可愛らしい金細工ですね!
 
 これは、コロンビアの首都ボゴタにある黄金博物館(Gold Museum)に展示されているエルドラド(黄金郷、El Dorado)の伝説にまつわる金細工「Muisca Raft」です。

Muisca1.jpg 
 宗教儀式の様子をあらわしているものなのでしょうか。

 Muisca(ムイスカ)とは、エル・ドラード伝説の文化を生み出したボゴタの北部の原住民のことです。

 黄金博物館(Gold Museum)に展示されているMuiscaの金細工には、他にもこのような思わずクスッと微笑んでしまう可愛いものが沢山あります。

Muisca2.jpg Muisca3.jpg Muisca4.jpg

本当にユーモラスでとっても可愛いですね。わーい(嬉しい顔)


MoMAクリスマスキャンペーン

MoMAのギフト

キッズ&トーイ


↓よかったらクリックしてね!
ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by リメ at 23:45| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

[動画]バルト海岸に打ち上げられる黄金の宝石・琥珀(コハク)

   


 バルト海産の琥珀って、貝殻のように海岸に打ち上げられるのですね。ちょっと驚きです。

 琥珀(amber)は、地上に生えていた樹木の樹脂が地中に埋没して化石化したものだから、琥珀が産出されるバルト海はもともとは広大な森だったのでしょうか。

 そして、琥珀といえば、ロシアのエカテリーナ宮殿の豪華な「琥珀の間」を思い出します。
 
  250px-Oldamberroom.jpg  琥珀の間  

 琥珀の間は、内装が全部琥珀で作られた部屋で、使用された琥珀の総重量は6トンで、約10万個に及び、エカテリーナ2世が祝典応接室の名目で1770年に完成させました。

 エカテリーナ2世はこの部屋をこよなく愛し、自らの許可なしでは、入室を認めない禁断の部屋としたそうです。

  エカテリーナ2世の肖像画.jpg  エカテリーナ2世

 10万個もの琥珀って、かなりの量ですね。それに琥珀の色もさまざまですから、世界中のあらゆる産地から琥珀を集めてきたのでしょうか。
 
 エカテリーナ宮殿は、夏の間だけ過ごす離宮だったそうで、エカテリーナ2世は、琥珀の間という禁断の部屋できっと若い愛人と二人きりの甘美なひと時を過ごしていたのでしょうね。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

 実は、池田理代子作の漫画「女帝エカテリーナ」、愛読してました! わーい(嬉しい顔)女帝エカテリーナ


東洋的で簡素なシルエットのシングルベッド

縦横自由に設置できるブックシェルフ

都会の風景に合うリゾートの風のラウンジチェア

↓よかったらクリックしてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ


 
   

 
posted by リメ at 01:49| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。